Top > コールセンターシステム > アウトバウンド業務におけるプレディクティブダイヤルの運用

アウトバウンド業務におけるプレディクティブダイヤルの運用

アウトバウンドコールセンターにおいてプレディクティブダイヤル機能はもはや必須となりつつあります。一世代前のアウトバウンドコールセンターではパソコンから電話発信が可能なクリックコールと呼ばれる機能が求められました。クリックコールの利点として、電話番号入力の手間が無くなり、間違い電話を防ぐという点が挙げられます。 しかし、クリックコールにおいてはPCでの発信・通話が可能である分、PCの性能やネットワーク環境によって音声品質が大きく変わる事がありました。 PCの性能が低い場合、または社内のネットワーク環境に変動があった場合に音声の途切れや、システム自体が使えなくなる事もあり、クリックコールにおいてPCでの発信から、電話機を使った発信への移行も見られます。 また、アウトバウンドコールセンターにおけるクリックコールのもう一つの利点として、電話番号入力が無い分、オペレータの架電件数が増える事も挙げられます。この機能をさらに踏み込んだのがプレディクティブダイヤル機能です。 コールセンターシステムのことならオープンコムへ。

コールセンターシステム

関連エントリー
アウトバウンド業務におけるプレディクティブダイヤルの運用
カテゴリー
更新履歴
背中ニキビは専用ジェルを使いたい(2019年2月24日)
アウトバウンド業務におけるプレディクティブダイヤルの運用(2019年2月21日)
栃木の結婚式場で気になった事(2018年12月 6日)
気になった伊勢神宮を着物で参拝観光(2018年10月 9日)
背中ニキビは専用ジェルを使いたい(2018年9月10日)